2008年12月24日水曜日

経営の最前線。

@GLOBIS in 心斎橋。
昨日12/23に、セミナーに行ってきました。

演者は、
 香取一昭:マインドエコー代表
 栄木憲和:バイエル薬品会長

香取さんは、ペガサスカンファレンスに参加した報告。

栄木さんは、バイエル薬品での会社方針について
シェーリングとの合併話を中心に。

こういう話を聞くと、なんてバイエルはいい会社なんだ、
と思った。転職しようかな。

と感じると同時に、いつか栄木さんと同じレベルで話を
出来るようになりたいと思う。

ビジョン。

印象的だったことが3つあって、
1つ目は、彼はいい上司に恵まれて、韓国に工場建設のために
出向になったときにかなり成長が出来た、ということ。
どんな人でも上司の存在は大事だし、またその人から
もらったチャンスを生かすかどうか、という部分。
結果を示せるか。

2つ目は、経営者、リーダーは生まれ持ったものであるということ。
もちろんそれには「一流の・トップの」という形容がつく。
部・課長程度なら本人の努力でできるけれど、Executiveになると、
差が出るみたいです。平々凡々な自分としてはがっかりだけど、
その素質を持つと信じてやるっきゃないです。

3つ目は、栄木さんの強みは「ストレス耐性」。
どんなときでも5分で寝れる。
これはすばらしいと思う。
今、もちろんこれは実践可能だけれど、どん底のプレッシャーに
さらされてもそれが出来るかは不明。出来ないだろうなぁ。

こういう経営の最前線・最先端の話を聞くことはモチベーションの
向上につながるし、ほんと、いってよかった。

2 件のコメント:

tono さんのコメント...

はっはっはー!
俺は生まれついたぞー!
羨ましいだろ(^-^)(笑)

ちなみにバイエルは俺もすごく好き。
結構行きたかった。リアルに。

knob さんのコメント...

いやー、tonoさん、ほんとつくづくそう思います。。。いっこ上のかたがたは、生まれついた人ばかりですよね(笑)。

こないだ結婚した人なんかも(大笑)。
俺もあると思って頑張りますよ。

バイエルはよかったですよ。ほんと。
まぁとりあえずは今の会社で頑張りますけどねー。